引越し初心者が気をつけるポイント

 

引越しを快適に過ごすには…

今まで引越ししたのは2回。

 

前回は某大手、今回はサカイという感じです。

 

荷造りは自分で済ませたので、あとはただ運んでもらうだけでした。

 

気になったのは、運び出しするさいがちょっと雑なような気がしました。

 

運び出しする際、荷物を丁寧に扱ってくれず、とりあえず早く全部トラックの中に入れようという感じでした。

 

素人梱包だったので、ダンボールの中で物が散乱してたようで開いてみたらグチャグチャになってました。

 

初めての引越しだったので、こんなもんかと思いましたが2回目他の業者(サカイさん)に頼んだときは、このような思いをしなかったので、やはり丁寧に扱ってもらえなかったんだなと実感しました。

 

あと、引越し場所が遠く離れていたからか到着後時間がかなり遅くなってしまいました。

 

到着予定時刻になっても届かない、連絡がないで不安になったのを覚えています。

 

 

引越しを成功させるコツ

 

失敗しないポイントは有名企業だから安心しないということだと思います。

 

初めての引越しでは有名企業を利用しましたが、なんだかイマイチだったので…。

 

なので利用する企業を選ぶ時は、ネットなどの口コミを調べるといいかと思います。

 

あとは梱包の仕方ですが、とにかく隙間ができないように重ねることです。

 

よく新聞紙を使って隙間を埋めようとしますが、その場合は新聞紙を大量に使うことになりますし、紙なので隙間を埋めたつもりが以外と埋まっていなかったりします。

 

荷物を解く際も大量の新聞紙なので、ゴミが溢れかえってしまいます。

 

なので私はなるべく新聞紙で隙間を埋めるのではやく、物をうまく重ねたり隙間に入れたりして梱包します。

 

賃貸に引っ越す場合の注意点

 

賃貸に済む場合、可能な限り、周囲のチェックをしておきましょう。

 

私の住んでいる部屋の階の上に住んでいる家族が外国人の方で、旦那さんは、片言の日本語がしゃべれる程度で、奥さんと子供さんが全く日本語がしゃべれなかったみたいです。

 

子供さんが3歳〜5歳ぐらいで、日中、夜中問わず、起きているとドタバタ走ったり、ソファーで跳び跳ねる音が下の階の我が家に響きます。

 

昼間は気にしなかったのですが、夜中はさすがに寝ていたのに起きてしまうぐらいうるさかったので、よく腹をたてていました。

 

多分、上の階の旦那さんが、仕事を終えて帰ってきたとき、嬉しくて子供さんがはしゃいでいたのだと思うのですが、日本人の家族ならもう少し気を使ってくれるかと思います。

 

腹を立てて、直談判に行こうかと思ったことがあるのですが、日本語が通じ無い上に、英語圏の方では無いので、どうやって伝えようか悩んで辞めました。

 

管理会社に連絡しても、正直、直に注意や警告をしないので本当に困ってました。

 

直談判に行こうかと思ったことがあったけど、日本語も英語も通じ無いので、やめて、管理会社に電話しようかと思いました。

 

しかし、管理会社は直にその家族に注意や警告してくれるわけではなく、住んでいる住人全員に「皆さんの迷惑にならないよう気をつけて下さい」って言われるだけなので、その家族が自分達だと気がついてくれないかも…と思い、次に夜中に騒いだら管理会社に連絡しようと思っていました。

 

でも、ちょうどそのころ、その家族が急に引っ越してしまったので、管理会社に連絡することはなかったです。

 

ちなみに、その家族は、自分の子供さんが騒いでうるさくしていたことは知っていたみたいで、引っ越す時に軽く謝罪されましたが、私に直接されませんでした。